アリエッタ交響楽団第9回演奏会プレトーク補足 シューマンとメンデルスゾーンのお話 第1回

先日の演奏会で指揮者といっしょにプレトークさせて頂きましたが

「ああ〜ど〜してあの話をしなかったかなぁ」とか

「あっちのことを話せば良かった」等と

演奏中に思い出しながら弾いてしいました(^^;;

せっかくですので補足をしてみようと思います。

と言うわけで、第1回。
メンデルスゾーンの魅力について(熱く、熱く!)語ります。

フェリックス・メンデルスゾーン・バルトルディ

メンデルスゾーンスコア

先に謝っておきますが……

子供の頃「無言歌」をピアノの発表会で失敗した思い出があり、実は好きな作曲家ではありませんでした。

ところが、作曲を本格的に勉強し始めた頃、改めてメンデルスゾーンの交響曲や序曲に触れ、その完成された書法に嫉妬まで覚えながらも、いつのまにか近くに置くようになり、しだいに「嫌い」から「好き」に変わっていったものですから、思い入れがたいへん強い作曲家のひとり!

ですので、間違いなくシューマンよりメンデルスゾーンに偏ってしまいますので悪しからず(^^;;

ものすごく恵まれた家庭環境

裕福は家庭環境の中でしっかりと英才教育を受け

数ヶ国語を操り、絵画にもたけ

子供の頃、ゲーテとも親交を持ち

(ゲーテはメンデルスゾーンの弾くバッハを楽しみにしていたそうな)

モーツァルトと同じように、子供の頃から作曲をスタートさせ、J.S.バッハの音楽を蘇らせることで現在における「再演」の礎を築き

現在の指揮法の原点も確立。

ライプツィヒ音楽大学の前身となる音楽院まで創立。

まさに天才!

と、嫉妬する要素がたくさんあります(笑)

いわゆる交響曲1番は若干15歳(諸説あり)

ちょっと想像してみてください。

中学生くらいの少年があの規模の楽曲を創作していたのです。

もちろん色々な説が飛び交う現在、彼の身の回りの人々の助けも、たくさんあったでありましょうが

モーツァルト=天才と教科書にあるように

メンデルスゾーン=天才と書かれる日が来ることを願ってやみません。

先日演奏しましたヴァイオリンコンチェルトでは、1楽章~3楽章までを止まらずに演奏しますが、その書法を編み出したのが、他ならぬメンデルスゾーンだったと言われていて、以降に続く作曲家もこぞって真似をするようになりました。

彼は、ピアノコンチェルト1番でも1楽章~2楽章は止まらずに書いていて、後に続くコンチェルトの実験もあったのではと思います。

まだご存知ないかたは是非、聴いて確かめてみてください。華やかでとても美しいし楽曲です。

結婚行進曲だけではない!

パパパパーン♪

でお馴染みの結婚行進曲。
言うまでもなく、この曲はメンデルスゾーン作曲「真夏の夜の夢」ですが、もちろん、この曲以外にもたくさんの素晴らしい楽曲があります。

ロマン派という時代も味方をしていたでしょう。

オーケストレーションはとても興味深く、交響曲「スコットランド」の1楽章、クラリネットの美しいシャルモー音域からは、楽器によく精通していた事が伺えます。

序曲「静かな海と楽しい航海」という曲の情景描写は鳥肌モノ!

ピアノトリオなどの小編成もたくさん書かれているので、オーケストラ楽器の事をよく知っていた事でしょう。

(オーケストレーションの話まで始めると日が暮れますので、いずれまた)

交響曲2番は、ベートーヴェンの9番に続く合唱付の交響曲で、ベートーヴェンに劣らず、素晴らしいかっこいい楽曲です。

38歳という若さで亡くなってから、世界情勢とも絡み、一時は名前が聞かれなくなってしまいますが、その完成された音楽は、後世の作曲家に様々なヒントを与え、日本でもようやく日の目を見始めているところです。

後ほど触れますが、実はメンデルスゾーンの楽曲は日本の音楽にたいへん関わりが深そうな作曲家のようです。

終わりに

と言ったところで、第1回はメンデルスゾーンについてのお話でした。

ご存知の方はもちろん、よく知らないという方も、彼の華やかなで繊細な楽曲の数々を、楽しむヒントになれば幸いです。

お読みいただきありがとうございます。

次回:第2回【シューマンの魅力について(普通に…)語る】

「諸君、帽子をとりたまえ!天才だ!」 という当時の「流行語大賞」間違いナシの名言とともに、ショパンの名を響き渡らせたシューマンの魅力に...

第2回めもどうぞよろしくお願いします。
2017.8. Tokyo.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする