発表会での出来事

諦めないことは素晴らしいということ。

私自身、今思い出しても心臓が飛び出しそうだし、決して気持ちのいいものではありません。

しかし、ご一緒しましたピアノ講師の方が「これこそ教育だ」と評価くださいましたので、少しこの事を書いておこうと思います。

生徒のおじいさんの話です。

80歳をゆうに過ぎてから、自動演奏付きのピアノを購入した折、自分でも弾けたらとピアノを始めてられた方で、1年半ほど頑張られて、今回ついに発表会デビューされたのです。

たいへん練習熱心で、弾いてる姿をビデオに撮って、レッスンの時、ときどき見せてくださったり。

やはりご高齢でいらっしゃるので、進みは確かにゆっくりですが、それでも着実に上達され、ゆっくりではありますが、もちろん両手で弾かれます。

今回は、短い簡単な楽曲でしたが、練習、レッスンでは何度も弾きこなしておりました。

しかし舞台に上がって、弾き始めて数小節。そのあたりで止まってしまいました。

何度も何度もトライするのですが、どうしても同じ場所で止まってしまい、先へ進めません。

後から聞いた話ですが、自宅で弾いているピアノのように音が聴こえなくて、焦ってしまったとの事です。

私は、舞台袖の隠し窓から、その様子を見守っていました。このくらいならまだ平気だろうか、いやまだ大丈夫かと、袖から見ていましたが、どうも一向に良くなりません。

諦めて立ち上がろうとされた時、私は急いで駆け寄りました。

「どうも出てきません(思い出せません)」

と、つぶやかれたので、ともかくその場でもう一度座らせ

「落ち着いて、もう一度やってみましょう」

と、促しました。

おじいさんも、もう一度深呼吸して弾き始めます。が、やはり同じ場所で止まってしまいます。

私は、最初は少し後ろで見ていましたが、無意識の内に楽譜に指を置き、今ここだから何番の指、何の音と、少しずつ進めました。

思い返してみて驚いたのは、その間、会場は静まり返っていました。

この発表会は、ピアノレッスンの事務所主催の発表会で、今年も100組近くの参加者数がおります。やはり子供が多いので、家族連れがほとんどですが、早くに出番だった方はお帰りになるので、時間帯によって会場内の人数にばらつきがあるのですが、この時間はそれなりの人数が会場に居たと記憶しています。

その場にいた全員が、おじいさまのピアノの音色を追っているようでした。

そんな中、なんとか最後まで楽譜を追って、何度も止まりながらも最後まで弾き終えることができました。

立ち上がり礼をすると、たくさんの拍手を頂くことができました。

終演後、左手を弾いてあげるなどして一緒に弾くことはできなかったのか?という意見も頂きましたが、舞台に上がった時、私が考えていたことは

「今は、おじいさんの音楽の時間であって、私が介入してはいけない」

という、(変な?)理念があって、あの時、これ以上のことは思いつきませんでした。今でも、このやり方が正解だったか、分かりません。

ただ、あるピアノの先生から

「諦めない精神を学ぶとができた。これは今後のレッスンで使わせてほしい」

という声を頂きました。

子供達にピアノを教える上で、また教育という分野においても、あれだけのおじいさんも諦めずに最後まで頑張って弾き通したことが、あの場にいた子供達になんらかの想いが刻まれたはずだ。

とのことです。

その日の夜、おじいさまから電話があったのですが

「本当悔しかったから、帰ってきてピアノ弾いていたんです」

と笑いながら話されました。早くもリベンジに燃えているようです。

音楽会の現場で起きた、そんなお話。できるだけそのまま書いてみました。ほんの少しでも諦めない心が伝わりましたら幸いです。

後日談

先日このおじいさんのところへ発表会後、何度目かのレッスンに伺ったのですが、なんとピアノが新しくなっていました!

しかもスタンウェイ!

おじいさん、恐るべし。

も〜ワタクシ、責任重大!(^^;;
2019.2.Tokyo

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする