楽譜を清書書きする「浄書」というお仕事

先日

「浄書を手伝ってほしい」

と、久々にそのようなお仕事を頼まれましたので、今日は楽譜を綺麗に清書書きする「浄書」というお仕事について。

浄書とは

浄書(じょうしょ)とは「草稿などの原稿をきれいに書き直すこと」を言います。

今でこそ、ほとんどパソコンで行いますが、ほんの少し前までは手書きの楽譜でした。

「クラシック音楽」と「浄書」との間には、切っても切れない関係がありまして……

印刷機が普及する以前の話。

作曲家は曲が書き終わると浄書屋に持って行き、パート譜を作ってもらいます。

また演奏までに時間がない場合は、作曲家が書いているすぐ横で、浄書屋さんがパート譜に直していた

というような事がよく行われていました。

コンビニやキンコーズ(印刷屋さん)の隣に住んでいる。みたいな感じでしょうか (^^)

作曲家の逸話

  • ヴィヴァルディは浄書屋さんよりも速書きができた?
  • J.S.バッハは奥様が浄書をしていた
  • ベートーヴェンが持ち込んだ楽譜はよく臨時記号が抜けていて、よくケンカになった?

そんな逸話が絶えません。

作曲の勉強に

楽曲を写す作業はたいへん勉強になります。

シューベルトは一時期この浄書を行なっていて、当時の名だたる作曲家の楽曲に触れたことが成功につながった。作曲家人生を助ける大きな武器になったのだ。

と、何かのCDのジャケットに書いて合ったのを覚えています。

そう言えば、それにあやかって、当時携わっていたオーケストラに

「私も手書きのパート譜を書かせてほし」

と、願い出たのだけれど、

「見にくいからパソコンでやって」

と、断られてしまいましたなぁ。手書き、自信あったのだけれど。

手書き楽譜の需要

電子機器がこれだけ普及してきている現在においても、この「手書きの浄書」ということが時折、必要なことがありまして

オケの練習の時

ヴィオラのパート譜にスコアの内容を貼り付けようということになり、すぐ書けるような内容だったので、私は手書きをしましたら、一緒に弾いている方がとても喜んでくれて

「大切にします!」

と、お言葉を頂きました。

やはり手書きの楽譜は、なんというか……手紙と一緒で心が見えるというか、あたたかな温もりが感じられます。

今日すっかりパソコンで行われるようになった「浄書」ではありますが、わかる人にはわかる手書きの美しさ。あなたも体験してみてはいががでしょう。

まだまだ少ない記事のところ

最後までお読み頂き、本当に感謝です。
2017.6. Tokyo.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする