Finale 未入力の小節に全休符を表示させない方法

先日、作りかけの楽譜をピアノで弾いてみようと、スケッチの状態のものを印刷したとき
「そういえばこの全休符、消せなかったっけ?」
と思いだし、せっかくですので、ここでやり方を紹介してみようと思いました。

Macの画面で説明していますが、Windowsも同じように設定できます。

Finaleは、応用次第で手軽に五線紙を作ることができます。ぜひお試し頂ければです。

全休符が表示されていない五線を作る

Finaleは音符が何もない小節には「全休符」が印刷されるようにできています。これはこれで便利ですが、今回のような場合は消してしまいたいところです。

全休符を表示させないためには、五線上に全休符を手入力して「休符を隠す」と設定することで、印刷すると全休符が消えますが、全ての小節に設定しなくてはならず、たいへんめんどうです。

そんなわけで、次の方法を使います。

五線ツールを使う

まず、ツールパレットから【五線ツール】を選択します。

メインツールパレット

表示されていない場合は上のメニュー「ウィンドウ」から「メイン・ツール・パレット」を選びましょう。

全休符を消したい五線を選択しておきます。

手順1
↑画像のあたりをクリックすると全ての段を一括で選べます。

【五線ツール】を選択した状態で、上のメニューから【五線の属性】を選びます。

メニュー:五線の属性

ちなみに、ここでは小節線や音部記号なども消すことができます。

今回は【未入力の小節には全休符を表示する】のチェックを外し

手順2

【OK】をクリックします。下の画像のように全休符が非表示になりました。

手順3

注意点

基本的にこの機能、上の画像のように一段ずつ設定してあげる必要があります。
現在のところ、まとめての設定はできませんが、全休符を「手入力」→「休符を隠す」→「全小節にコピー」よりは、はるかに簡単です。

小節番号を非表示にする

手順1

せっかくですので、この小節番号も非表示にしたいと思います。

先に紹介した【五線の属性】の「表示する項目」には「小節番号」チェックがあるのですが、これを外しても表示されたままになります。

検証してませんが、Finaleあるあるのバグか何かでしょうか!?

でもご安心を。
もう一つやり方があります。

メニュー:小節番号の範囲を編集

今度は、上のメニュー【書類】から【小節番号の範囲を編集】を選択します。

手順2

画像上部で設定されている範囲を選んで「削除」をクリック→「OK」と進みます。

手順3

五線紙の完成です!

後はいつでも使えるように、しっかり保存しておくといいですね。

本日もお読み頂きありがとうございました。
2019.4.Tokyo

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする