TRANSIENT MASTER|DAWプラグインかんたん解説

ほとんど個人的なマニュアルシリーズ

なにかと読みにくいマニュアルを簡単にまとめたものや、操作中に生じた『この機能なんだっけ?』とか、『どうやって使うんだっけ?』といった疑問への答えを、備忘として残します。

詳しい使い方のご紹介ではありませんが、ご自身の感覚で自由にプラグインを楽しみたい方のヒントになれば幸いです。

TRANSIENT MASTER

Native Instruments の Kompleteシリーズにバンドルされているプラグインですので、お持ちの方も多いのではないでしょうか。

created by Rinker
¥72,400 (2021/04/12 21:03:54時点 楽天市場調べ-詳細)

いわゆるトランジェントシェイパープラグインです。

エンベロープシェイパーとも呼ばれ、オーディオ素材のトランジェントを、強調や、減衰といった加工を、手軽に行うことができるプラグインです。

トランジェントとは

音になる前に生じるノイズといえば分かりやすいでしょうか。

例えば、ヴァイオリンを強く弾くと、ほんの一瞬、弓と弦が擦れる音がします。これをトランジェントと呼びます。

金属のマレットで叩く『グロッケンシュピール』という楽器があります。

鉄琴の特徴的な音は、単独で聴くと心地よい音がしますが、作曲や編曲を終え、いざ改めて聴いてみると、この特徴的な音がキンキンと耳障りになることがあります。

そんな時、主にEQでの加工を検討するかと思いますが、この【TRANSIENT MASTER】を用いると、より簡単に、そしてナチュラルなトランジェントに調整することができます。

【TRANSIENT MASTER】の公式サイト『Native Instruments』はこちら

各種パラメータ

ATTACK
ノブを左(マイナス方向)に回すと、アタックが柔らかくなり、右(プラス方向)に回すとシャープになります。中央にある場合は変化しません。

smooth
ギターの音(歪み)を扱う際に、On にすることでギターの歪み成分が少なくなります。他のオーディオ素材(アコースティックギターやドラムなど)を扱う場合は、Off にして使います。

SUSTAIN
ノブを右(プラス方向)に回すと、サスティーン成分が長くなり、リバーブのような効果を加えることができます。ノブを左(マイナス方向)に回すと、成分が短くなり、響きが少なくなります。こちらも中央にある場合は変化しません。

Limit
出力された音のクリッピングを防ぎます。ATTACK ノブが高い値に設定されている場合、音量が大きくなりすぎることがあるので注意しましょう。

GAIN
プラグインから出力ボリュームを調整します。

簡単な使い方

まず ATTACK でトランジェントを調整して、SUSTAIN で音像の長さを微調整といったところです。

GAIN は、いわゆる Dry/Wet による Mix ではないので、微調整する場合は、センドトラックに飛ばして使っています。

エレキギターの音にこのプラグインを使う場合は、Smoothボタンを On にすることで、ギターの余計な歪みを抑えてくれます。

ギター以外は使わないパラメータと考えると簡単です。

各調整は、スペクトラムアナライザーで波形を確認しながら調整すると分かりやすいですが、パラメータが少ないので、難しいことは考えず心地よい音を探すような感じで使いましょう。

わたしの感想

何と言ってもパラメータがシンプルで分かりやすく、気軽に使いやすいです。

一つ残念なのは、上記でも触れましたが、Dry/Wet による Mix ができたら便利だったなぁというところ。GAINで微調整する場合は、私はセンドで別トラックに送った方が使いやすい印象です。

私の場合、ヴァイオリンやグロッケンなど、その他のトランジェントが気になるパートに使うのですが、キンキンと硬かった音がまろやかで自然な音像に、手軽に加工することができ、すっかり手放せないプラグインになりました。

ぜひご自身の手で試してみてください!

当サイトのこと

本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

同じような内容で悩まれているユーザー様のためにも、引き続き当サイトのブログやTwitterなどで発信してまいります。

Twitterはこちら(@hikarunoatorie)

オンラインレッスンはじめました

Finaleであなただけの楽譜を作ってみませんか?

楽譜製作オンラインレッスン
↑↑↑こちらのバナーをクリック↑↑↑

2021.2.Tokyo.
作曲家/ピアノ講師
小林 樹(@hikarunoatorie)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする